「生き物たちに乾杯」 第2巻 "A Toast to Wildlife!" vol. 2

<   2013年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「良いお年を!」 オオタカ(大鷹)/Northern Goshawk

今年も大晦日は、近くの運河の向こうに沈む夕日を日を干潟から見送りました。この1年間、本ブログおよび先版の「生き物たちに乾杯 A Toast to Wildlife!」にご訪問いただき、ありがとうございました。
今年はたくさんの鳥に出逢うことができました。暮れになって、レンズが大きくなり、ミラーレス1眼から1眼レフにカメラも変わりました。おかげで動きが早い鷹を撮ることができるようになりました。
来年はさらに多くの鳥に出逢い、もっと満足できる写真を撮ることを肝に銘じます。皆さまが、よいお年をお迎え出来ることを願っています。
b0309841_18202379.jpg
b0309841_18221892.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-31 18:24

「眩しいほどの青空 II」 ミサゴ(鶚)/Osprey

昨日の続きです。撮り始めは逆光でしたが、旋回してくれたおかげで逆光を避けて、なんとか撮ることができました。003.gif
b0309841_227536.jpg
b0309841_228082.jpg
b0309841_228713.jpg
近づき過ぎて、フレームアウトしてしまった写真もこの際。。。037.gif
b0309841_2210457.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-29 22:11

「眩しいほどの青空」 ミサゴ(鶚)/Osprey

近くの干潟でオオタカを待っていたら、突然、ミサゴが葦原から現れ、目の前を旋回して去って行きました。逆光だったのが残念です。でも最近は鳥枯れの日が続いていましたので、二日に分けて写真をアップします037.gif
b0309841_21521976.jpg
b0309841_21522988.jpg
b0309841_21524128.jpg
b0309841_21525193.jpg
b0309841_2153079.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-28 23:10

「暗くなる前に」 オオタカ(大鷹)/Northern Goshawk

夕暮れ時の干潟で、塒へ帰って来るオオタカをじっと待ちました。ほぼ、日が沈もうとした時にやっとオオタカは飛んできました。
b0309841_22314776.jpg
b0309841_22315672.jpg
b0309841_2232447.jpg
b0309841_22321321.jpg
もっと早ければ、胴体や目が夕陽に輝いて綺麗だったんでしょうね。
[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-25 22:34

「もうちょっと寄ってくれてもいいのに」 モズ(百舌)♂/Bull-headed shrike♂

今日の日暮れ前に、近くの干潟で、オオタカが塒に戻って来るのを待つ間に顔を見せてくれました。今冬は冬鳥が少なく、モズでさえ、なかなか現れません。しかも警戒心が強く、なかなか近くで撮ることも難しいです。
b0309841_117526.jpg
b0309841_1172393.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-23 23:59

「大空に翔く」 オオタカ(大鷹)/Northern Goshawk

この1年余りは、328のレンズにNikon1 V1を装着しての撮影でしたが、このセットを養子に出して、代わりにいただいた428レンズ(当然中古です)に、新たに購入したD7100を着け、今日が初撮りです。冬晴れの空に翔くオオタカが最初の被写体になりました001.gif合計で6 kgあまりの重量になるカメラとレンズを1日中、ハーネスで肩から掛けていたので、さすがに肩が凝りました042.gif
b0309841_092320.jpg
b0309841_093753.jpg
b0309841_094641.jpg
b0309841_095738.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-22 23:55

「エクリプス? それともハイブリッド?」 マガモ(真鴨)/Mallard

近くの森の中の池では、ひと月ほど前からマガモのエクリプスなのか、それともマガモとカルガモの雑種なのか判らない鴨が、カルガモの集団の中で一緒に過ごしています。
b0309841_22524880.jpg
嘴は黄色、頭はマガモ♂の様相を僅かに覗かせています。ちょっとどちらとも判断しかねますが、マガモの血が入っていることは間違いないようです。
b0309841_2254613.jpg
b0309841_22541374.jpg
b0309841_22542146.jpg
b0309841_2254377.jpg
b0309841_22544887.jpg
b0309841_22545817.jpg
東京湾岸でも日中の最高気温が10℃を下回る日が続いています。東京の紅葉ももうす終わりです。
b0309841_2354979.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-19 22:56

「葦原の地啼きの主は?」 アオジ(青鵐)♀/Black-faced bunting♀

近くの干潟で葦原の中でしきりに「ジッ、ジッ、ジッ」と啼く主はアオジでした。なかなか姿を見せませんが、突然、ひょっこり可愛い顔を出します001.gif
b0309841_035561.jpg
b0309841_0372495.jpg
b0309841_0375750.jpg
b0309841_0381977.jpg
b0309841_03914.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-17 00:39

「早い日の入り」 カイツブリ(鳰)/Little Grebe

冬は昼間が短いのは当たり前ですが、1年のうちで今頃は日没時間がもっとも早いようです。近くの運河を泳ぐカイツブリを見つけたのですが、写真を十分に撮る間もなく、あっという間に日は暮れてしまいました。
b0309841_233047100.jpg
b0309841_23305329.jpg
b0309841_2331144.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-14 23:58

「鳥枯れの日々4」 イソシギ(磯鷸)/Common sandpiper

鳥枯れゆえに3日ぶりのアップです。こういう時の頼みの綱は、近所の干潟に常在するイソシギ様です。寒さが増すと、羽毛を膨らませてまん丸くなって可愛さが増します。
b0309841_0373852.jpg
b0309841_0374788.jpg
b0309841_0393319.jpg
b0309841_0402646.jpg
b0309841_0403524.jpg
それにしても東京の湾岸はゴミだらけで、鳥たちがとても気の毒です002.gif
b0309841_0404434.jpg
b0309841_0405058.jpg

[PR]
by Omori_Seacoast1 | 2013-12-13 00:43